中止のインターハイ 群馬の高校生が動画で激励

新型コロナウイルスの影響で中止となった、夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の支援に当たっていた群馬県の高校生たちが、「努力は絶対、無駄にはならない」などと、出場を目指していた全国の高校生を激励するメッセージ動画をつくった。「群馬県高校生活動推進委員会」に所属する県内79人の高校生で、県教委の全国高校総体推進室の協力を得て制作し、YouTubeの県公式チャンネル「tsulunos(ツルノス)」で8月18日から公開している。

今夏のインターハイは8月18日に前橋市で総合開会式を行い、群馬県内でサッカー、レスリングなど5競技を実施する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により、4月26日に中止が決まった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。