データサイエンスの専門人材育成 滋賀大など連絡会設立

データの利活用が社会的に重要視されつつある中、データサイエンス系学部がある大学でつくる「データサイエンス系大学教育組織連絡会」が8月20日、発足した。データサイエンス分野の専門教育の推進、専門人材の養成などを目指す。記者会見で、会長に就任した滋賀大学データサイエンス学部の竹村彰通学部長は「新しい学問ではあるが需要は高く、設置する大学が増えている。高校生の進学を後押ししたい」と述べた。

連絡会に参加するのは▽滋賀大学データサイエンス学部▽総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻▽長崎大学情報データ科学部▽一橋大学ソーシャル・データサイエンス学部設立準備委員会▽兵庫県立大学社会情報科学部▽立正大学データサイエンス学部創設タスクフォース――の6大学で、今後も参加大学を募る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。