小学校高学年の教科担任制、2022年度導入 中教審骨子案

中教審新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会が8月20日に示した答申の中間まとめ骨子案では、小学校高学年からの教科担任制を2022(令和4)年度をめどに「本格的に導入する必要がある」と明記。専科指導の対象とすべき教科として、外国語(英語)、理科、算数の3教科を例示した。また、教科担任制の導入に伴う教員養成について、学生が小学校と中学校の免許状を取得しやすくするため、小学校と中学校の教職課程で授業科目を共通に開設できる特例を設けるなど、環境整備を進めることを打ち出した。

「令和の日本型学校教育」の姿を示すことを狙った骨子案では、各論の中で、ポストコロナ時代の義務教育の在り方を説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。