「令和の日本型学校教育」の姿を描く 中教審が骨子案

ポストコロナ時代の新しい学びなどを検討してきた中教審初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」は8月20日、第12回会合をWEB会議形式で開き、「令和の日本型学校教育」の姿を示す中教審答申の中間まとめ骨子案を示した。骨子案では、献身的な努力で学校現場を支えてきた教師が疲弊しており、このままでは日本型学校教育を維持してくことは困難との認識を明記。今後の方向性として、教員の働き方改革を踏まえた学校外との連携や分担による学校マネジメントの実現や、これまでの実践を支えてきた対面指導とICTのハイブリッド化による学校教育の現代化を打ち出した。

骨子案は、タイトルとして「誰一人取り残すことのない『令和の日本型学校教育』の構築 を目指して」と題され、サブタイトルを「多様な子供たちの資質・能力を育成するための、個別最適な学びと、社会とつながる協働的な学びの実現」とした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。