教育学と教員養成の関係などを整理 学術会議が参照基準

教育学の分野における「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準」が8月18日、日本学術会議から公表された。教育学は人間による教育という営みについて、規範的、実証的、実践的にアプローチする学問であるとし、学問としての教育学と教員養成の関係などを整理した。

「参照基準」は、日本学術会議が大学教育で各学問分野の特性や学生が身に付けるべき素養、学習方法などを示したもので、現在、32分野が公表されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。