過労死ライン超の教員6割 学校再開で消毒などの負担増

学校再開後、過労死ラインを超えて勤務する教員が6割に上っていることが8月21日、NPO法人「教育改革2020『共育の杜』」が、7都府県の教職員に行った調査で明らかとなった。調査結果では、教員の疲労度が高いほど、子供の話をしっかり聞けなくなる傾向にあることも示され、教員の長時間労働が子供の学校生活に悪影響を及ぼしている可能性が浮かび上がった。同日に文科省で行われた記者会見では、現職の校長も出席し、「教員は必死に頑張っているが、これ以上は限界がある。このままでは学校が危ない」と、深刻な状況を訴えた。

フェイスブック上で教員が気軽に相談を行うことができるグループ「心の職員室」を運営している「共育の杜」では、学校再開後の教員の勤務状況やメンタルヘルスへの影響を調査するため、4月7日に新型コロナウイルスによる国の緊急事態宣言の対象となった▽埼玉▽東京▽千葉▽神奈川▽大阪▽兵庫▽福岡――の7都府県にある国公私立の小、中、高校、特別支援学校に勤務する教職員を対象に、7月10~26日に「心の職員室」のメンバーなどを通じて、インターネット上の回答フォームを使ったアンケートを実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。