早生まれの影響、どう配慮? 尼崎市のシンポで議論

兵庫県尼崎市は8月21日、同市が設置した「学びと育ち研究所」による報告会「エビデンスに基づいた教育政策を目指して」をオンラインで開催し、教育環境や家庭環境が子供の学力・健康に与える影響などを扱った研究について、有識者らが登壇して報告した。その中で、生まれ月による影響についての研究や現場で求められる配慮が議論された。

冒頭、登壇した東京大学大学院の山口慎太郎教授は「たとえ経験豊富な先生といえども、世の中全体のごく一部についてしか知ることができない、見えていないという問題が現実的にある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。