マスク越しでも伝わる感情 コロナ時代の「対話」を体験

教室でもマスクを着けて会話を控えることを求められるなど、コロナ禍によるコミュニケーション阻害は学校にも影を落としている。「対話的な学び」の実践にも、さまざまな工夫が必要に。言葉を抜きに「対話」はできないのか。聴覚障害者に案内されながら無音の世界で対話を楽しむエンターテインメント「ダイアログ・イン・サイレンス(DIS)」を体験。無音のコミュニケーションの達人に、Withコロナ時代に活用できる「対話」のノウハウを聞いた。

東京都港区のダイアログ・ミュージアム「対話の森」は、ハンディキャップや世代、文化の違いなどを超えて、多様性を学べるソーシャル・エンターテインメント施設だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。