少人数学級「30人未満」に異論なし 教育再生実行会議

ポストコロナの学校像を方向付ける政府の教育再生実行会議が8月25日、首相官邸で開かれ、注目されている少人数学級について、出席した委員から「少人数学級を進め、30人未満の学級にしてほしい」との意見が出た。これに対する異論や反対意見は出なかった。会議終了後に記者会見した萩生田光一文科相は「多くの人が方向性として共有できる課題ではないか。できることから速やかに行っていきたい、という意欲は持っている」と述べ、来年5月に予定されている教育再生実行会議の提言を部分的に前倒しし、少人数学級を来年度から段階的に進めるため、必要な予算要求を行う考えを明らかにした。

会議では、安倍晋三首相が冒頭、「ポストコロナ期において、子供たちを誰一人取り残すことなく、学びを保障していくことが何よりも重要であり、こうした観点から、ICTの本格的活用による個別最適な学び、少人数による指導体制などの環境整備について、改めて検討する必要がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。