東大が大学債で200億円調達へ 教育研究目的に国内初

東京大学は8月26日までに、40年を年限とする200億円の大学債を発行することを決めた。6月に国立大学法人法施行令の一部改正が閣議決定され、市場から調達した資金が教育研究活動に充てられるようになったことを受けて準備を進めており、10月にも発行するとした。教育研究活動目的の大学債発行に踏み切るのは東大が初めてで、得た資金は先端的な研究施設の整備などに充てるという。

国立大学は2004年の法人化以降、大学附属病院など特定の施設の整備や、キャンパスの移転などを見据えた土地の取得に充てる資金以外は、調達が認められていなかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。