保育所の働き方改革進め魅力向上 厚労省検討会が骨子案

保育の職場環境の改善などを通じて、魅力向上につなげる方策を協議している厚労省の検討会は8月24日、第5回会合を都内で開いた。保育所の働き方改革や、保育士と保育所のマッチング改善などを柱とする報告書の骨子案が示された。中学校や高校での、保育の仕事への理解を深める職場体験学習の促進なども、キャリア教育の一環として盛り込まれた。

骨子案では、保育士の魅力を発信するため、保護者や地域住民に開かれた保育所づくりや、養成校の学生への実習機会の充実などを強化すると同時に、保育所の働き方改革も促すとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。