障害児や外国人のデジタル教科書活用 必要な機能を検討

1人1台端末環境の整備を目指すGIGAスクール構想の進展とともに、本格導入が検討されている学習者用デジタル教科書について、文科省は8月25日、検討会議の第3回会合を開いた。今回は障害のある子供や外国人の子供に必要な機能について議論。座長を務める東北大学大学院の堀田龍也教授は「技術的な論点整理を急ぎ、実装を始め、実際に使って実証していくというサイクルが必要」と、実現に向けた早期の対応を強調した。

障害のある児童生徒は義務教育段階で全児童生徒の4.2%を占め、特別支援学校・学級だけでなく通常の学級で学ぶケースもあることから、検討会議の委員である慶応義塾大学の中野泰志教授は「全ての学校・学級に在籍することを前提に、学習者用デジタル教科書の配慮内容を考えることが必要不可欠」と指摘した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。