全国学力調査のCBT化 中間まとめ案を公表

文科省は8月26日、全国学力調査のCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)化を検討する第5回会合をオンラインで開催し、これまでの論点を整理した中間まとめ案を公表した。CBT化特有の課題として、問題作成体制や、ICT環境整備に必要な経費などを挙げ、「CBTプロトタイプを作成した上で、小規模の試行から検証を重ねつつ進めていくことが重要」とした。

同案では全国学力調査のCBT化について、▽調査の目的と実施方法などは表裏一体の関係であり、総合的に検討する必要がある▽人材や専門組織などCBT化に向けた体制整備の必要性▽端末の使用について、児童生徒が使い慣れているか、発達段階に配慮しているかなどを考慮する④CBT化による現場への負担を考慮する――と整理。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。