臨時休校で教育格差拡大 低所得世帯で勉強時間が大幅減

民間シンクタンクの三菱UFJリサーチ&コンサルティングはこのほど、独自に実施したアンケート調査の結果から、新型コロナウイルスによる臨時休校が低所得世帯に深刻な打撃を与えていると分析した。低所得世帯の収入と子供の勉強時間の減少幅は高所得世帯よりも大きく、教育格差は拡大していた。

感染拡大前の今年1月と感染拡大後の5月の世帯月収の変化を分析したところ、低所得世帯の方が減少した割合が高い傾向にあった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。