川崎市が中学の修学旅行実施 小学校は遊園地を貸し切り

新型コロナウイルスの感染防止が難しいとして修学旅行の中止に踏み切る自治体が相次ぐ中、川崎市は市立中学校の大半で10月上旬にかけて、同市が作成した感染予防のガイドラインに沿って修学旅行を実施することを、8月27日までに決めた。福田紀彦市長は25日の会見で、「修学旅行は中学生にとって最大のイベント。感染対策を行った上で、できるものはやっていく」との判断を示した。

また、市立小学校では5月に修学旅行の中止を決めたため、代わりのイベントとして、同市が来年3月に、同市内と都内にまたがる大型遊園地「よみうりランド」を3日間貸し切りにして、全114校の6年生約1万2000人を日替わりで招く方針。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。