「容姿の悩み」中学から増加 女子18歳で「成績」抜く

中学生から高校生にかけて、子供の悩みや不安はどう変化していくのか――。文科省が8月28日に公表した「第18回21世紀出生児縦断調査(2001年出生児)」の結果によると、「進路に関すること」を挙げる割合は中学1年生から急激に増加し、高校3年生時点でも最も割合が高かった。一方、中学1年生から毎年増加しているのが「自分の容姿に関すること」で、とりわけ女子では高校3年生時点で「成績に関すること」を抜き、2番目に高い項目となった。

この調査は2001年に生まれた子供を毎年、継続的に調査するもので、同じ子供を取り巻く状況が毎年、どのように変化していくかを追うことができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。