休校直前、PCは4.9人に1台 地域間格差も、文科省

全国の公立学校におけるICT環境の整備状況と教員のICT活用指導力を測るため、文科省が毎年実施している「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」の、今年3月1日時点での調査結果(速報値)が8月28日、公表された。教育用コンピューター(PC)1台当たりの児童生徒数は平均4.9人(前回5.4人)、普通教室の無線LAN整備率は平均48.3%(前回41.0%)と改善したものの、都道府県により大きな差が見られた。

PC1台当たりの児童生徒数が最も少ないのは佐賀県で、1.8人に1台。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。