全国学力調査のCBT化 来年度から試行実施、文科相表明

全国学力・学習状況調査のCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)による実施について、萩生田光一文科相は8月28日の閣議後会見で、来年度に小規模の試行検証を行う考えを表明した。必要な経費を来年度の概算要求に盛り込む方針。また、全国学力調査は、200万人が同時に受けるため、CBT化するとサーバーの負担が掛かるとして抽出調査への切り替えを求める意見があることについて、「悉皆(しっかい)調査でやってきたことに、大きな意味がある。サーバーが対応できないから抽出調査にするのは、本末転倒だ」と述べ、技術面の課題に対応しながら、悉皆調査を続ける考えを強調した。

全国学力調査のCBT化については、文科省が8月26日、「全国的な学力調査に関する専門家会議」のワーキンググループで中間まとめ案を公表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。