子供特有のコロナの症状や注意点 保護者向けQ&A作成

国立成育医療研究センター「コロナ×こども本部」は8月28日、日本小児科学会と共同で作成した、新型コロナウイルスに関する子供の症状や注意点をまとめたQ&A資料を公表した。

新型コロナにかかった子供の症状、病院に関する事柄、日常生活の中での留意点の3テーマで構成。「子供は重症化するのか」「外出や友達と遊ぶことは避けた方がよいのか」など、疑問に答える形で最新の知見を解説している。

子供への感染については、感染者数は成人と比べれば少ないものの、感染のしやすさは変わらないことが分かってきたことや、これまでに報告されている子供特有の症状、2歳未満は比較的重症化しやすい傾向がある――などの注意点をまとめている。

また、日常生活でも、屋内外での遊びやマスクの指導などでは、どのような点に注意が必要かや、「登校を自主的に控える」などの過度な対応は必要ないことなどが示されており、学校での指導にも役立てることができる。

同資料は国立成育医療研究センターのホームページから閲覧できる。新型コロナウイルスの状況に応じて、内容は随時更新される予定。

次のニュースを読む >

関連