「チョウの羽」研究に文科相表彰 SSH生徒研究発表会

先進的な理数系教育を行うスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の生徒による研究発表会の最終審査が8月28日、オンラインで行われ、最終審査に残った6校=図表=の口頭発表を踏まえて表彰校が決定した。文部科学大臣表彰を受けたのは、今年SSHの指定を受けたばかりの神戸大学附属中等教育学校の生徒による、チョウの羽の撥水性に関する研究で、「身近な研究テーマについて、実験データを用いてしっかりと調べた点は非常に論理的で、理にかなっている」と高く評価された。

全国のSSH指定校(過去の指定校も含む)が参加する生徒研究発表会は、文科省と科学技術振興機構(JST)が2004年から実施しており、今年の参加校は222校。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。