世界の子供の3割 オンライン授業を利用できず

新型コロナウイルスの影響でオンライン授業の導入が進む中、国連児童基金(ユニセフ)は8月27日、世界全体で3割の子供たちがオンライン授業を利用できない環境にあるとの報告書を発表した。

ユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長は「教育が何カ月にもわたって完全に中断された子供たちの数自体が、世界的な教育危機の表れだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。