【全国学力調査】小中各50~80校でCBT化へ 慎重論も

全国学力・学習状況調査のCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)化に関し、ワーキンググループ(WG)が小規模から試行を進める方向性をまとめたのを受け、専門家会議が8月31日、開かれた。文科省からは来年5月27日を実施予定日とし、後日実施の期間を例年の2週間から約1カ月(5月28日~6月30日)に延長すること、児童生徒の質問紙調査は小中各50~80校程度で学校のパソコン、タブレットなどを活用したオンライン調査を実施することなどが示された。

来年度の全国学力調査は、新型コロナウイルスの影響を考慮し、当初の予定日(4月20日)より1カ月ほど後ろ倒しとする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。