少人数学級「首相交代で立ち消えにはならない」 文科相

安倍晋三首相の辞意表明を受け、萩生田光一文科相は9月1日の閣議後会見で、政府の教育再生実行会議が主導している少人数学級について、「新たな感染症に対応できる学校を作っていかなければならない。その視点からも、少人数学級の在り方は、リーダーが代わったからといって立ち消えになるテーマでは絶対にない」と述べ、9月中旬にも誕生する新政権で実現を目指すべきだとの考えを明らかにした。また、来年度からの段階的な実施を視野に、来年度予算で関連経費を要求する考えも「変わっていない」とした。

安倍内閣で要職を歴任してきた萩生田文科相は、記者会見の冒頭、安倍首相の辞意表明の受け止めを聞かれ、「安倍内閣として加速して取り組もうという課題が数多くあった中で、リーダーが代わるのは極めて残念だと思っている」と述べ、表情を引き締めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。