保護者のオンライン授業の満足度 日本が12カ国で最低

オンライン授業に関する満足度は日本の保護者が最低という結果が、デジタルセキュリティ関連企業のアバストがこのほど、12カ国を調査対象国として行った調査で出た。

外出自粛期間中のオンライン授業に満足している(%)

同調査によると、満足度のトップは63%のオーストラリアで、以下、米国(55%)、スロバキア(54%)、チェコ(52%)、仏(50%)、英国(45%)と続く。日本はわずか24%で、調査対象12ヵ国中12位の最下位だった。

一方、オンライン授業を受けている日本の子供の中で、1週間に1回以上、技術的な問題に遭遇したのは10人に1人(10%)で、最も低かった。さらにオンライン授業が開始されてから新しいツールを学ばなければならなかったと回答した保護者は約14%と、調査対象国の中で一番低い結果となった。

同調査は、日本国内の0~18歳の子供がいる保護者501人を含め、世界12カ国の保護者6000人以上を対象に今年6月に実施された。

次のニュースを読む >

関連