中高生にチャレンジの大切さ語る 柔道家の井上康生さん

自分で変えられることを一つずつ積み上げていきながら進んでいこう――。世界で活躍するアスリートらが、自身の経験から得たものを若い世代に伝えるオンラインスクール「HEROs LAB」(日本財団主催)に9月1日、柔道日本代表監督の井上康生さんが出演し、参加した中高生や大学生の声に耳を傾けながら、夢や目標に向かってチャレンジすることの大切さを語り掛けた。

2000年のシドニーオリンピックで金メダルに輝いた井上さんは、柔道家であった父親の影響もあり、小学5年生のころから柔道で金メダルを取ることを目標に練習を重ねてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。