休日の部活動は地域人材に 文科省、部活動改革へ具体案

部活動が教員の長時間勤務の要因となっていることを巡り、文科省の「学校における働き方改革推進本部」は9月1日、休日の部活動を地域人材に任せ、教員が関わらなくてもよい環境整備を進めるための具体的なスケジュールを初めて示した。今後2年間で実践研究を行った上で、2023年度から休日の部活動の段階的な地域移行を進める。文科省の担当官は「これまで(中教審や給特法の国会審議などで)方向性は示されていたものの、具体的に進んでこなかった。目標に向けて地域の取り組みを後押ししたい」とした。

同省は部活動について、教科学習とは異なる人間形成の機会や、多様な生徒が活躍できる場となっているものの、教師による献身的な勤務の下で成り立っており、長時間勤務の要因となっているほか、指導経験のない教師にとっては多大な負担であると指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。