【台風】九州で休校508校 10号にも「最大級警戒」

台風9号による豪雨や暴風に見舞われた地域について、文科省は9月3日午前9時時点の情報をまとめた。それによると、九州の7県で508校が臨時休校、1735校が短縮授業となった。人的被害は報告されていない。物的被害は沖縄県で雨漏り、倒木、防球ネット破損があった。

台風9号の影響で臨時休校が発生しているのは福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の7県。最も多いのは長崎県で132校にのぼった。短縮授業は福岡県で452校、長崎県で416校など。また熊本県で7校、鹿児島県で3校が避難所となっている。

文科省は2日、東海地方以西の各府県教委に、児童生徒や教職員の安全確保と施設の被害状況の把握、二次災害の防止を要請。

また6日から7日にかけて台風10号が接近・上陸し、広い範囲で甚大な影響を受ける可能性があるとして、気象庁は「記録的な大雨・暴風・高波・高潮となる恐れがあり、最大級の警戒が必要。週末を迎える前に台風への備えを終わらせるように」と警戒を呼び掛けている。


関連