「コロナ禍の解消は戦争」 不適切表現で教育長が辞任

教育委員会の定例会で「コロナ禍を短時間で解消する方法は、どこかで大きな戦争が発生することではないだろうか」と書かれた文書を配布したとして、新潟県燕市の遠藤浩教育長は9月2日、辞意を表明した。

鈴木力市長は「教育行政のトップとして著しく適切性に欠けるものと認識せざるを得ず、事の重大性に鑑みれば、辞任はやむなし」とのコメントを発表して、市議会の最終日の今月24日に辞任することを承認した。

遠藤教育長は8月21日の定例会の、「教育長報告」の文書の中で、「コロナ禍を短時間で解消する方法は、どこかで大きな戦争が発生することではないだろうか」「武器という商品で経済は回復するだろう」など、戦争を肯定しているとも読み取れるような表現を用いたとして、問題視されていた。

9月1日に遠藤教育長は「人間には、閉塞(へいそく)感を何か別なものに置き換えて矛先を変えることがよくあることのように思え、決してそのようなことは起きて欲しくないと願っての表現でありましたが、読み手には真意が伝わらない表現であったことは否めず、深く反省しております」と文書で市民に謝罪していたが、2日になって市長に辞意を伝えた。

遠藤教育長は新潟県立上越総合技術高校長などを経て、昨年4月から現職。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集