首都圏の高校でクラスター相次ぐ 生徒15人が感染

都教委は9月2日、23区内にある都立高校で生徒7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、埼玉県教委も1日、春日部市の県立高校でも部活動での濃厚接触からクラスターが発生し、これまでに生徒8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。両校とも保健所と連携しながら、臨時休校で対応している。

都教委によると、都立高校では8月27日に発熱や咽頭痛のため欠席した生徒が、9月1日にPCR検査で陽性と判明。以降、生徒7人の感染が確認された。濃厚接触者は、同じ部活動やクラスなどだった。

春日部市の県立高校は、同県教委によると、8月28日に1人目の感染者が確認され、62人が濃厚接触者として特定。その後、その内7人が感染していることが判明した。62人は同じ部に所属する生徒だった。

都立高は9月4日まで臨時休校とし、消毒および換気を徹底。週明けからの学校再開を目指すが、その後の状況次第では延長される可能性もあるという。

春日部市の高校はこの日までに濃厚接触者のうち、残りの生徒全員が陰性と判明したため、今日3日までを臨時休校とし、明日4日から学校を再開する。

両校とも教職員の体調不良者はなく、重症者も確認されていない。

次のニュースを読む >

関連
関連記事