運動部や寮生活での感染対策徹底を 文科省が注意喚起

部活動や寮生活を共にする学生や生徒の間で、新型コロナウイルスへの感染が広がった事例が相次いだことを踏まえ、文科省は9月3日、学校の設置者や部活動の指導者に向け、感染症対策を徹底するように求める通知を出した。衛生管理マニュアルも改訂し、「寮や寄宿舎における感染症対策」の項目を追加したほか、大会への参加や練習試合、合宿を行うに当たっての留意点を示した。

文科省初中局健康教育・食育課の平山直子課長は、部活動や寮生活で感染が広がった事例を調査した結果、「競技そのもので感染が広がるというより、競技の合間と前後で生徒が交流することや長時間一緒にいることで、感染が拡大する現状が見えてきた」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。