約3割の児童生徒がコロナで不安や悩み 熊本県が調査

熊本県教委は9月1日、児童生徒の28.7%が、新型コロナウイルス感染症に関する不安や悩みを抱えているとの調査結果を発表した。調査対象の、熊本市を除く県内の児童生徒約11万人のうち、3万2323人が学習や生活習慣、感染症そのものに不安を感じていた。

不安や悩みがあると回答した児童生徒を学校種別に見ると、▽公立小学校 1万7942人(32.2%)▽公立中学校(県立含む) 8354人(30.6%)▽県立高校 5674人(20.5%)▽特別支援学校 353人(17.8%)――だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。