「1人1台」見据え 都教委がオンライン授業の伝達講習

GIGAスクール構想の前倒しを受け都教委は8月末から、都内の全公立学校から少なくとも1人の教員が参加する、オンライン授業に関する大規模な研修を始めた。小中学校では今年度中に1人1台環境が実現することから、オンライン授業のやり方や好事例を現場に浸透させ、ICTによる新しい学びへ円滑に移行するのが狙い。

この「オンライン学習推進のための指導者講習会」は8月26日~9月9日までに計24回設定され、会場に直接出向いて受講するだけでなく、後日配信される動画を視聴する形での受講も認めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。