部活動を担う地域人材、質の担保へ仕組み作りを 文科相

教員の働き方改革の一環として休日の部活動を地域人材に任せ、教員が関わらなくてもよいとする環境整備の具体案を文科省が示したことについて、萩生田光一文科相は9月4日の閣議後会見で、「学校の働き方改革を踏まえた部活動改革の第一歩」とその意義を強調した。ただし部活動を地域人材に任せるに当たり、人材の確保だけでなく、指導者としてふさわしい質の担保が重要だとして、人材不足が想定される地方も含め、地域の特性を考慮した実践研究を進める意向を示した。

萩生田文科相は「(部活動に)積極的に取り組みたい教員もおり、そのやる気をそぐ制度にしてはいけないが、今までのように何ら手当てもない中で土日も試合に同行したり、あるいは平日も暗くなるまで部活動を行ったりという働き方は変えていかなくてはいけない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。