Withコロナの中でのスポーツ 柔道家の井上康生氏に聞く

新型コロナウイルスにより、東京オリンピック・パラリンピックが延期となり、さまざまなスポーツ競技で、Withコロナの中での大会や練習の在り方が模索されている。選手同士の接触が避けられない柔道もその一つだ。シドニーオリンピック金メダリストの井上康生氏がこのほど、日本財団主催のオンラインスクール「HEROs LAB」への出演後、教育新聞の単独インタビューに応じた。柔道日本代表監督でもある井上さんは、部活動の夏の大会も中止が相次いだ中で、教師やスポーツ指導者の子供たちへの声掛けやサポートが重要になると話す。




安全安心に柔道ができる環境に向けて一歩ずつ

――「HEROs LAB」で参加した中高生とさまざまなやり取りをされていましたが、彼らからどんなことを感じましたか。

参加してくれた中高生に元気や勇気を与えられたらと思って臨んだんですが、実際には、逆に彼らからエネルギーをもらいました。

本当にいろいろな考え方を持った子供たちがたくさんいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。