G20教育大臣会合 デジタル格差減少への取り組み強調

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続く中、主要20カ国の教育担当大臣によるG20教育大臣会合が9月5日、インターネット上のテレビ会議で開かれ、▽幼児教育▽教育の国際化▽危機的時代における教育の継続性--を議題として意見交換が行われた。日本からは萩生田光一文科相が出席し、感染症対策と子供たちの学びを両立させる重要性を強調しながら、日本の取り組みを紹介した。会合では、G20教育大臣宣言を採択し、コロナ禍における教育について好事例や経験を国際的に共有していくとともに、デジタル格差の減少に取り組む姿勢を強調した。

文科省によると、萩生田文科相は、感染症対策と子供たちの学びの両立が重要だとした上で、日本の学校現場の取り組みや同省の支援策を紹介。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。