【高校改革】学習意欲高めるポリシー 策定の手順を検討

文科省の「新しい時代の高等学校教育の在り方ワーキンググループ(WG)」は9月7日、第11回会合を開き、各高校が育成を目指す資質・能力を明確にするためのスクール・ポリシーや、その根拠となるスクール・ミッション(各校の存在意義・役割・目指すべき学校像)について、引き続き議論した。同省はスクール・ポリシー策定のプロセスを具体的に示したほか、生徒が目指すべき姿を自覚しながら日々の授業などに取り組むなど、スクール・ポリシーの導入による効果についても整理した。

スクール・ポリシーの策定において同省は、①策定の中心となる組織を決める②策定・公表までの具体的なプロセスやスケジュールを決める③これまでの取り組みや生徒の進路希望、地域の実情などの情報を整理する④案を作成し、教職員間で協議する⑤生徒や学校外の関係者との対話を行う――といった手順を経て決定する例を挙げた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。