運動部の休日の活動をスポーツクラブへ移行 岐阜・羽島

休日の部活動を地域人材に任せ、教員の負担軽減を目指す環境整備が動き始める中、岐阜県羽島市の竹鼻中学校(増田恭司校長、生徒551人)が来年4月から、全運動部の休日の活動を地元スポーツクラブへ完全移行する。移行を決めたのは今年4月で、現在は環境整備を進めている。

同校が全12の運動部をクラブ化に踏み切ったのは、休日の部活動による教員の負担軽減に加え、部員の選択肢を増やし、休日の充実を推進する狙いがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。