高校卒業予定者の求人数24.3ポイント減 コロナ影響

厚労省は9月7日、来年3月に高校を卒業する予定の生徒を対象とした、7月末時点での公共職業安定所(ハローワーク)の求人数が、前年同期比で24.3ポイント減少したと発表した。同省では、新型コロナウイルスが求人数の減少に影響したとみている。

それによると、高校卒業予定者の求人数は33万5757人(前年同期比24.3ポイント減)、求職者数は16万1666人(同8.0ポイント減)、求人倍率は2.08倍(同0.44ポイント減)となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。