遠隔授業を経験した子や親「今後も希望」6割 民間調査

休校中にオンライン授業を経験すると、今後もオンライン授業の活用を希望する人が多い――。民間調査会社のインテージリサーチが9月10日に発表した「学校行事とオンライン授業に関する意識調査」の結果によれば、休校期間中に双方向型のオンライン授業を経験した子供の保護者と本人(高校生)の6割超が、ポストコロナ期においては小中高のいずれの校種でも、オンラインを取り入れた授業を行うことが望ましいと回答した。

同調査は今年7月末から8月初旬にかけて、16~79歳までのWEB調査モニター1万人超を対象に実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。