【大学入試】オンライン面接の受験機会に配慮を 文科省

来年の大学入試で、新型コロナウイルスの感染対策としてオンライン面接などを導入する大学の中に、「通信環境の不具合が生じた場合には面接を打ち切る」などとしているところがあるため、文科省は9月9日、そうした場合でも個別に配慮して受験の機会を確保するよう、各大学に通知した。

同省は「一部の高校関係者から懸念する声が寄せられた」として、通信環境の不具合で試験が継続できない場合や、受験者が通信環境を整えられない場合でも、個別に連絡を取って代替措置を講じるなどの配慮を求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。