AI教材開発者「学習の個性化」を説明 都が総合教育会議

新しい教育施策大綱の策定に向けて、東京都は9月10日、今年度2回目となる総合教育会議を開き、AI教材「Qubena(キュビナ)」を開発したCOMPASSの神野元基ファウンダーが、ICT活用による学習の個性化がもたらす学校教育の変化について講演。「ICT活用で教科学習を効率化し、そこで子供や先生に生み出された時間を使って、いかに課題解決型の授業をしていくかが問われている」などと話した。小池百合子都知事は「AIやICTの進化はすさまじい。共通の方向性を持たないと混乱してしまう」と述べ、児童生徒や保護者、教師、行政などがビジョンを共有する重要性を強調した。

会議の冒頭で小池百合子都知事は、新型コロナウイルスへの対応を踏まえ、「学校の長期休校やオンライン授業など、これまで考えられなかったようなことを一瞬にして行わざるを得なくなった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。