教科担任制で検討会議設置 専科指導の教科など協議

小学校高学年での教科担任制の2022年度本格スタートに向け、文科省は、優先的に導入すべき教科や専門性の高い教員の確保など、具体的な課題を議論する「義務教育9年間を見通した指導体制の在り方等に関する検討会議」を、初等中等教育局長の下に設置することを決めた。開催期間は21年12月末まで。決定は9月8日付で行われ、9月11日に開かれた中教審初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」第13回会合に報告された。

検討会議は、中教審答申の中間まとめ素案で、教科担任制の導入に必要な教員数を確保するとともに、専科指導の専門性を担保するにあたって「検討の具体化を図る必要がある」と明記されたことを受けて設置された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。