スポーツ庁長官に室伏広治氏 2代連続金メダリスト起用

政府は9月11日の閣議で、スポーツ庁長官に2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げ金メダリスト、室伏広治氏(45)を10月1日付で起用する人事を決めた。任期満了により9月末で退任する鈴木大地初代長官(53)の後任となる。新型コロナウイルスの感染拡大によって来年に延期された東京五輪・パラリンピックに向け、スポーツ行政を担う新たなトップとなる。取材に応じた室伏氏は、長官の任務について「(ハンマー投げの鉄球より)はるかに重いと思う」と笑顔で語った。

室伏氏は1974年、静岡県生まれ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。