答申中間案「少人数学級の明記」求める 中教審特別部会

ポストコロナ時代の新しい学びの姿を検討している中教審の初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」は9月11日、第13回会合をWEB会議形式で開き、今月末に提示する中教審答申の中間まとめ素案について協議した。素案では、前回会合で示された骨子案を巡る議論を受け、学校の健康診断の電子化や教員の人材確保といった項目が追記された。委員からは、9月8日の教育再生実行会議で来年度からの段階的な導入を検討することで一致した少人数学級について、明確な形で答申に盛り込むべきだとする意見が相次いだ。特別部会では、今回の議論を踏まえて中間まとめ案を作成、同28日に開く上部組織の初等中等教育分科会に報告する。
「教員の確保なしに実現しない」
少人数学級について、中間まとめ素案では、「新時代の教室環境に応じた指導体制等の整備」の一環として、1人1台端末を使った効果的なICTの活用や、新型コロナウイルス感染対策のため「教室などの実態に応じて少人数編成を可能とする」とした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。