【教員×投票】早生まれの子 学校で配慮すべき?

現行の4月始まりの学年において、早生まれ(1~3月生まれ)の子は、同じクラスの子供たちの中で相対的に月齢が低く、特に低年齢では大きな発達の差が見られることがあります。

最近の研究では、学力の差は年齢が上がるにつれて縮まっていくものの、勤勉さや自己効力感、周囲との関係などの非認知能力は、長期にわたり学級の中での差が縮まらないということを、統計的に明らかにしたものもあります(参考:早生まれの影響、どう配慮? 尼崎市のシンポで議論)。一方で発達には個人差も大きく、一人一人の子供を見れば、早生まれでも能力の高い子供は少なくありません。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。