「入りやすく出にくい」大学へ 教育再生実行会議WG

政府の教育再生実行会議は9月14日、大学でのオンライン教育などを重点的に議論する高等教育ワーキング・グループ(WG)の初会合を開いた。出席した委員の間では、「オンラインと対面、それぞれの良さを生かしたハイブリッド型の教育がこれからの基本になる」という認識で一致した。オンライン授業の導入で、教室やキャンパスの収容可能人数にとらわれない教育が可能になるため、委員からは「入学定員を緩和する一方で、進級・卒業などの評価を厳格化し、大学教育の質保証につなげることも考えられる」という意見が出た。

WGに出席した萩生田光一文科相は冒頭のあいさつで、「遠隔授業には、時間的・場所的な制約がなくなるといったメリットがあるが、大学における教育は遠隔授業だけで全てが完結するものではなく、教員や他の学生との交流も重要な要素となっている」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。