大津市の学校に爆破予告 あす16日は休校、午前授業に

9月14日未明、大津市に同市内の小中高を16日午後に爆破するという内容のメールが届き、同市教委と滋賀県教委は、予告された16日は休校や午前のみの授業とする方針を決めた。15日は通常授業とし、教職員が放課後に校舎の安全点検を行った。

大津市教委によると、14日午前1時10分ごろ、市のコールセンターに、同市内の小中学校計20校、高校8校をターゲットに、「長月16日水の未刻より申刻の間に爆破する」などと書かれたメールが届いた。

対象の学校が特定できないことから、市教委では16日に市内にある市立小中学校全55校を休校、児童クラブ全37カ所を休所とすることを決めた。

また、県教委でも16日は、市内の県立高校8校を午前中のみの授業とし、完全下校後は校舎内を立ち入り禁止とするほか、県立特別支援学校1校を終日休校とした。同市内の私立、国立学校についても、県教委の方針を説明した上で、学校ごとに対応を求めた。

学校を狙った爆破予告事件は、各地で相次いでいる。6月8日には、東京都渋谷区や世田谷区の学校を爆破するとのメールが都教委に届き、児童生徒が校庭などに避難する騒ぎとなった。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集