わいせつ教員の再任対策を強化 懲戒歴40年分が検索可能に

児童生徒などへのわいせつ行為で処分を受ける教員が過去最多となり、厳罰化が検討されていることを受け、文科省は9月15日、都道府県・指定都市教委などが教員の採用に当たり、過去の懲戒免職処分歴を確認することができる「官報情報検索ツール」の検索可能期間を、「過去3年間」から「過去40年間」へと大幅に延長すると発表した。性犯罪の再犯率が高いことを踏まえ、採用時の慎重な判断につなげる。今年11月から過去5年分、来年2月から過去40年分が検索できるようになる。

官報情報検索ツールは文科省が2018年以降、都道府県・指定都市教委や国立・私立学校などに提供しており、氏名を入力すると官報に公告された教員免許状の失効に関する情報を検索できるようになっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。