小中高で学級閉鎖ゼロ、昨年は41校 インフルエンザ

厚労省が9月11日に発表した、8月31日から9月6日までのインフルエンザ発生状況によると、小中高などにおける患者数はゼロで、学級閉鎖もなかった。昨年同時期の学級閉鎖は41校。新型コロナ対策として三密を避け、マスク着用や手指消毒を徹底したことなどが理由と見られる。

発表されたのは今シーズン初回分。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。