コロナ禍での高校生の就活 学校のオンライン対応が課題

コロナ禍の影響を受けている高校卒業予定者の就職活動をテーマにした、高校関係者向けのオンライン勉強会を、高校生のキャリア支援を行う「スクール・トゥ・ワーク」がこのほど開いた。オンラインによる進路指導や就職活動に関する取り組みについて意見交換が行われ、多くの課題が指摘された。

通信制の星槎国際高校の山下峻教諭は、4月から高校3年生向けに実施した、進路支援のオンライン授業について発表。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。